iOS | iPhone5 iPad3 iPad mini 最新情報−発売・仕様・価格

[ iPhone5 iPad3 最新情報−発売・仕様・価格 > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


■Blog Ranking■

ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2013年01月18日 | - | - | - |

[ iPhone5 iPad3 最新情報−発売・仕様・価格iOS > 【iOS6.0】「ガンダム駅」なぜできた アップル地図騒動の真相 ]

【iOS6.0】「ガンダム駅」なぜできた アップル地図騒動の真相

JUGEMテーマ:iPad


■この記事を見た人は次の記事も閲覧しています。

青梅線に「パチンコガンダム駅」、羽田空港内に大王製紙が……。間違いだらけの米アップル製地図がリリースされてから、もうすぐ1カ月。アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)はユーザーに謝罪したが、いまだに同社から原因の詳細は公表されていない。何が原因だったのか。なぜ使い物にならない状態で公開されてしまったのか。デジタル地図関係者の証言から、真相を追った。


「アップルへの地図データ提供会社がゼンリンではないから」「ウィキペディアの地図版『オープンストリートマップ(OSM)』を採用しているからでは」――。


 アップルが問題の地図を搭載した新OS(基本ソフト)「iOS6」の配布を開始したのは、先月19日のこと。国内でも、OSをアップデートしたユーザーから次々に驚きの声が上がり、不具合の原因についても様々な臆測が流れた。しかし、地図データ提供会社のデータそのものに問題があるという見立ては誤りのようだ。

 位置情報を活用した業務用アプリを提供するオークニー(横浜市)の森亮社長は「問題は地図データ提供会社ではなく、アップルにある」と断言する。森社長は、デジタル地図に携わって20年以上。ゼンリンやインクリメント・ピー(川崎市)など大手地図メーカーのデータを長年取り扱い、国内外のデータの精度や、地図の品質について知見がある。

■原因は「ずさんなエンジニアリング」

 今回の騒動について、森社長は「過去20年間、各社が向上させてきたデジタル地図の品質をリセットするような、とんでもない代物を出してきた」と憤りを見せる。なぜ、こんなことになったのか。森社長の見立てはこうだ。

 「iOS6の地図の不具合は、アップルのずさんなエンジニアリングが原因だ」

 まず、アップルは国内に関し、どこの地図データを利用しているのか。地図サービスのインクリメント・ピーに加え、ウィキペディアのようにユーザー同士が地図を作っていく世界的なプロジェクト、オープンストリートマップ(OSM)からもデータを得ている。この2つだけとは限らない。日本におけるOSMの活動を支援するオープンストリートマップ・ファウンデーション・ジャパン(OSMFJ)副理事長の古橋大地氏は、「建物データの大部分はインクリメント・ピーのデータと一致しているようだが、道路データは異なるように見える」と証言する。

 一方、グーグルマップは、ゼンリンのデータを利用している。これが、品質の差につながったという臆測があるが、森社長いわく「データ自体に、一般ユーザーに判別可能な品質の差はない」。では、どうして……。


■古いデータを結合した疑い

古橋氏は、「OSMのデータを調べたところ、アップルは2年以上も前に取得した地図データを更新せず、そのまま利用している痕跡があった」と指摘する。

古橋氏が調べたところ、使われていたのはなんと「2010年以前に入力された公園の敷地データ」。日本以外の地図についても、同様に古いデータが使われていた。10年ごろにOSMのデータをコピーして独自のデータセットを作り始め、以後最新データを取得することなくそのままリリースしたのではないかと氏は推測している。

 デジタル地図は複数のデータを結合して作られることが多い。仕様によっても異なるが、日本地図の場合は道路などの広域データ(縮尺2万5000分の1)に建物などの都市の詳細データ(2500分の1)、ナビゲーション用の道路ネットワークデータなどを結合して1つの地図にするのが一般的だという。今回のアップルの騒動で疑われるのは、この結合作業時に複数のミスが起きたのではないかということだ。

まず考えられるのが「測地系」の変換ミスだ。日本では02年まで、緯度経度を日本独自の基準(日本測地系)で表示してきたが、全地球測位システム(GPS)などに対応した国際基準(世界測地系)と450メートル程度のずれがあった。国土地理院は02年4月1日から「世界測地系」に移行することを決めたものの、国内の地図データはかつての日本測地系をもとに作られているものもある。

 異なる測地系のデータを結合する場合は、経緯度を変換する処理などであらかじめずれを補正する必要がある。複数枚のセルを重ね合わせて、1枚の地図を作るとイメージしてみてほしい。それぞれのセルの経緯度を示す基準(測地系)が異なれば、重ね合わせたときに正しく重ならず、バラバラの位置にマッピングされてしまう。

 アップルの地図はこの処理を怠り、旧日本測地系の経緯度のまま、正しい位置から450メートルほどずれて表示される駅などが散見される。他の世界測地系のデータにもその駅の情報が入っていたのか、「東大前」と「とうだいまえ」など、1つの駅が重ならず2カ所(世界測地系の経緯度と旧日本測地系の経緯度)に表示されてしまうこともあるようだ。

 さらに読み仮名と漢字などの重複データの名寄せや、駅と商業施設のカテゴリー分けについても誤りが見られ、デジタル地図の知識を持ったエンジニアが担当していない可能性もあるほどの「初歩的なミス」(古橋氏)が重なっているという。

青梅線上にある「パチンコガンダム駅」

 インターネット上で騒がれた「ガンダム駅」の場合はさらに複雑だ。数百メートル離れた場所にある「パチンコゴールドエックスあきしま」によると、同店は2006年ごろまで「パチンコガンダム」という名前で営業していたという。6年ほど前の古い建物データが使われている可能性が高い上、何らかの原因で位置が線路上にずれた。「駅」という公共施設と「商業施設」の属性は大きく異なるが「何らかの自動処理などで『線路の上に配置される施設情報は駅』と置き換わってしまった可能性もありうる」(古橋氏)。他にも「マクドナルド駅」など、同様に店が駅に置き換わる事例が見られた。

 万が一こうした処理がされてしまった場合でも「通常は主要都市のサンプリングチェックで気づくはず」(森社長)。今回はそれすらされていない可能性が高く「ありえないエンジニアリングプロセスだ」(同社長)。

■「唯我独尊」で広げた傷口

 エンジニアリングのプロセスだけが問題だったわけではない。森氏や古橋氏は、アップルの「唯我独尊」的な態度にも問題があったと指摘する。

OSMに限らず、ゼンリン、マピオン、インクリメント・ピーやアルプス(現ヤフージャパン)などはライバルでありながら交流を持ち、切磋琢磨(せっさたくま)して品質向上に努めてきた。グーグルもその一員だ。アップル同様、開発体制などは明らかにしていないが、デジタル地図開発者コミュニティーの立ち上げや、位置情報を活用したボランティア活動にも積極的に参画している。

 08〜09年ごろ、位置情報サービスの普及を目指す「ジオメディアサミット」には、グーグルのマップエンジニアと見られる20〜30代の男性数人が熱心に参加していたという。地図の専門家ばかりではなかったが「『良いサービスを作りたい』と教えを請う熱意が彼らにはあった」(森社長)。

 現在も東日本大震災の支援プロジェクト「Hack For Japan(ハック・フォー・ジャパン)」や「sinsai.info」などの活動を通じて、米国から地図や位置情報を生かした復興に取り組むメンバーもいる。こうした活動で得た知見を、グーグルはマップの品質向上にも生かしてきた。

 一方アップルは、こと地図に関しては「こうした貢献は皆無」(古橋氏)。OSMのデータを使っていることすら知らされなかったといい「(情報交換さえしていれば)そもそもデータ結合時に初歩的なミスを犯すことはなかったはずだ」(同氏)。

 お粗末なエンジニアリングに、コミュニケーション不足。これに、ビジネス上の「事情」も追い打ちをかけた。

■位置情報の獲得競争に参戦

 不完全なものを、なぜ今、出さざるを得なかったのか。背景には、「アップルはユーザーの位置情報の獲得競争を、グーグルやマイクロソフト相手にせざるをえなくなったという事情がある」というのが海外の通信事情に詳しい情報通信総合研究所の小川敦研究員の見解だ。ユーザーのスマホから取得した位置情報は、今後カネを生む可能性が高いビッグデータだ。自社製地図の機能をアプリ開発者に組み込んでもらい「OSとセットで囲い込みたいという意図がある」(同研究員)。


美しいグーグルのストリートビュー機能

 スマホにOSを提供する各社は、地図機能の強化に力を注いでいる。例えば米マイクロソフトは、9月6日に発表した最新版OS「ウィンドウズフォン8」を搭載したスマホ「ルミア920」に、道路が混雑する時間帯を考慮して所要時間を算出するナビゲーション機能を搭載した。グーグルはグーグルマップの機能を外部サービスやアプリケーションから利用可能にするAPI(アプリケーションインターフェース)の利用料を6月に値下げ。11日には「Street View(ストリートビュー)」機能を大幅にアップデートするなど、着々と強化を進めている。

 前OSまでの標準地図アプリはグーグルマップだったため、アップルはこの宝の山をみすみすグーグルに渡してきた。

■「ベクター地図」に評価の声も

 悪いことばかりでもない。位置情報サービスGEOHEXの笹田忠靖代表は「アプリケーションの開発技術は非常に高い」と指摘した。3D非対応の従来のグーグルマップなどでは、事前に生成した画像をタイル状に分割して配信し、組み合わせて表示していた。そのため、ナビゲーション時にユーザーが方向を変えても地図は動かず、建物名などがひっくりかえって見にくいことも多かった。

これに対し、アップルの地図はデータを座標や数式(ベクターデータ)の形式で受け手の端末に配信し、端末側で画像生成する方式を採用。道路などの情報を更新する際、縮尺ごとに該当個所の画像を作り直す運用コストが大幅に減るという。建物をななめ方向見た際の3Dもなめらかに表現できるなど、本来はユーザーにとってのメリットも大きい。

 正しいエンジニアリング、十分な準備期間があれば、宣伝通り「最も美しく、最もパワフル」な地図になっていた可能性もある。ただし、今は宝の持ち腐れ状態だ。「宝」となるまで、どれくらいの時間を要するのか。

 グーグルと同じレベルまで到達しなくとも、せめて情報が正しくなければ地図として使えない。クック氏は謝罪の中で「利用者が増えれば増えるほど、地図は良くなっていく」と述べた。

 しかし「(ユーザーのフィードバックを反映する)クラウドソーシングだけでは直らない」とオークニーの森社長は強調する。根本的な地図プロセスの改善、つまり地図の設計からやり直す必要があり、森氏は「地図のエンジニアが本気を出せば、2〜3カ月で修正できる」という。ただし、「プロセスを改善する必要性に気付いていないとしたら、最大で1〜2年かかることもありうる」(同社長)。


 スティーブ・ジョブズ氏の遺産とも言える熱烈なファンは、それまで待ってくれるだろうか。カリスマ亡きアップル、”クール“な地図を使える日はいつ来るのだろうか。


《iPhone5海外正規品SIMロック解除(白ロム/SIMフリー)》

海外正規品なのでSIMロック解除!
ドコモの高品質・高速回線で念願のiPhone5が使えます。


ブラック/ホワイト

ブラック/ホワイト

ブラック/ホワイト
Apple iPhone5 Wi-Fi+4G(LTE) 64GBApple iPhone5 Wi-Fi+4G(LTE) 32GBApple iPhone5 Wi-Fi+4G(LTE) 16GB
ホワイト/ブラック
HSPA+/DC-HSDPA/LTE/Wi-Fi(802.11n/2.4GHzと5GHz)
64GB32GB16GB
高さ123.8mm×幅58.6mm×厚さ9.3mm
重量:約112g
解像度:326ppi/1136×640ピクセル
ディスプレイ: 4インチ(Retinaディスプレイ)
充電:最大で待受225時間/通話8時間/インターネット8時間/オーディオ再生40時間/動画再生10時間



■Blog Ranking■

ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2012年10月22日 | iOS | comments(0) | - |

[ iPhone5 iPad3 最新情報−発売・仕様・価格iOS > iOS 6の地図アプリ問題まったく問題ないが90%を占める。iPhone 5の購入意向に影響なしでクック命拾い。 ]

iOS 6の地図アプリ問題まったく問題ないが90%を占める。iPhone 5の購入意向に影響なしでクック命拾い。

JUGEMテーマ:iphone


■この記事を見た人は次の記事も閲覧しています。



 

米ChangeWave Researchのアンケート調査によるとiPhone5の購入の可能性は32%でiPhone4S発売時の同様の調査での21.5%に比べ高い需要があることがわかった。また、iOS6.0の地図情報の不具合については「まったく問題ない」と回答した人が90%でありiPhone5の販売への影響は極めて小さいものになると予想されている。
ティム・クックはアップルCEO就任1年で、韓国サムスンとの特許訴訟に始まり、新製品情報のリークによる下請けメーカーの忠誠心低下、iOS6.0問題と続いているがカリスマ亡きあとの株式時価総額世界一企業アップルの難しい舵取りに手を拱いているのか・・・


米ChangeWave Researchが現地時間2012年10月12日に公表した調査結果によると、北米の消費者は米Appleの新型スマートフォン「iPhone 5」の購入意向が強く、同端末に搭載されている地図アプリケーションの不具合の問題は消費行動に大きく影響しないという。

ChangeWave Researchは北米の消費者4270人を対象に9月にアンケートを実施し、今後のiPhone 5購入の可能性について尋ねた。それによると「(可能性は)非常に高い」という回答が19%に上り、「やや高い」も13%あった。同社が前モデルの「iPhone 4S」発売時に行った同様の調査ではそれぞれの回答が10%と11.5%だったたことから、iPhone 5にはiPhone 4Sを上回る高い需要があるとChangeWave Researchは見ている。

また情報不足や不具合があると指摘され問題となったiOS 6の地図アプリケーションについて尋ねたところ、90%人が「まったく問題ない」と答え、「非常に大きな問題」の3%、「いくらか問題がある」の6%を大きく上回った。

iPhoneは、2世代前の「iPhone 4」発売時に電波受信性能に不具合あると指摘され、今回と同様に問題が取り沙汰された。このときのアンケートでは「まったく問題ない」という回答が64%にとどまる一方「非常に大きな問題」が7%、「いくらか問題がある」が14%あった。

こうしたことから、ChangeWave Researchは、今回の地図アプリの問題はiPhone 4のアンテナ問題と比較して深刻度は低いとしている。またAppleはiPhone 5で従来の30ピン「Dock」コネクターに代えて小型の「Lightning」コネクターを採用したが、これについても「問題なし」とした回答が57%と大半を占めた。



詳しい情報・最新新着情報は「iPhone5」に新着情報として記載・追記されています。

docomoから「iPhone5」が発売される可能性はゼロ・・・
そこでドコモからiPhoneが出るのを待てない方は・・・「ドコモ回線でiPhone5を使う」方法を紹介




《iPhone5海外正規品SIMロック解除(白ロム/SIMフリー)》

海外正規品なのでSIMロック解除!
ドコモの高品質・高速回線で念願のiPhone5が使えます。


ブラック/ホワイト

ブラック/ホワイト

ブラック/ホワイト
Apple iPhone5 Wi-Fi+4G(LTE) 64GBApple iPhone5 Wi-Fi+4G(LTE) 32GBApple iPhone5 Wi-Fi+4G(LTE) 16GB
ホワイト/ブラック
HSPA+/DC-HSDPA/LTE/Wi-Fi(802.11n/2.4GHzと5GHz)
64GB32GB16GB
高さ123.8mm×幅58.6mm×厚さ9.3mm
重量:約112g
解像度:326ppi/1136×640ピクセル
ディスプレイ: 4インチ(Retinaディスプレイ)
充電:最大で待受225時間/通話8時間/インターネット8時間/オーディオ再生40時間/動画再生10時間

■Blog Ranking■

ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2012年10月17日 | iOS | comments(0) | - |

[ iPhone5 iPad3 最新情報−発売・仕様・価格iOS > 【iPhone5】iPhone5/iOS6向けのGoogleマップアプリが登場したがたった1日で米アップルがアプリを削除 ]

【iPhone5】iPhone5/iOS6向けのGoogleマップアプリが登場したがたった1日で米アップルがアプリを削除

JUGEMテーマ:iphone
 
米アップルが情けない対応をしている。。。いくら理由をつけても「負け犬の遠吠え」でユーザのことを考えない自意識過剰な利己的な対応を言わざるをえない。それは10/9に公開されたGoogleMaps(Classic Map)が翌日の10/10に削除されたからだ!

■iPhone5/iOS6向けのGoogleマップアプリが登場
Google mapsをiPhone 5やiOS 6で使用できるようにしたアプリ「Classic Map」が登場しました。現在は無料で公開されています。


Google mapsが使えない…と悩んでいたユーザーには朗報となりそうです。上画像のように「東京スカイツリー駅」などの最新データが反映されているのはもちろん、各種詳細な地図情報がしっかりと表示されます。Google mapsベースなので当然ですが…。
その他の機能としてはApple mapとGoogle mapsを切り替える機能が存在しており、Google mapsと比較しながら “Apple mapの惨状” を見ることができます。
アップルが提供しているアプリと同様の機能を持つアプリは削除されてしまう可能性もあるので、急いでダウンロードすることをおすすめします。


■米アップル、iOS6でGoogleマップが利用できるアプリを削除
10/9に公開されたiPhone 5とiOS 6でGoogleマップが利用できるアプリ「Classic Map」が、アップルの判断によってストア上から削除されたことが明らかになりました。


作者の元には米カルフォルニア州サンノゼから直通の電話がかかってきており、明確に削除された理由を述べたとのことです。デリケートな問題だけに、しっかりと説明してトラブルを防ごうとする配慮があるものとみられます。作者は「アップルの対応は非常に丁寧で理不尽な対応ではない」と強調しています。

 

 


アップル側からの公式な回答によると、削除理由には2つの明確な理由があるとのこと。1つ目は「Google mapsが戻ってきた」という表現が誤解を与える可能性がある点。2つ目はGoogle mapsをスクレイピング(必要データを抽出する)しているという点。

まさか直通の電話で対応するとは…正直うらやまs…いえ、びっくりしてしまいますね。世間を賑わせている地図問題だけに、アップルも細心の注意を払って対応にあたっているようです。





詳しい情報・最新新着情報は「iPhone5」に新着情報として記載・追記されています。

docomoから「iPhone5」が発売される可能性はゼロ・・・
そこでドコモからiPhoneが出るのを待てない方は・・・「ドコモ回線でiPhone5を使う」方法を紹介




《iPhone5海外正規品SIMロック解除(白ロム/SIMフリー)》

海外正規品なのでSIMロック解除!
ドコモの高品質・高速回線で念願のiPhone5が使えます。


ブラック/ホワイト

ブラック/ホワイト

ブラック/ホワイト
Apple iPhone5 Wi-Fi+4G(LTE) 64GBApple iPhone5 Wi-Fi+4G(LTE) 32GBApple iPhone5 Wi-Fi+4G(LTE) 16GB
ホワイト/ブラック
HSPA+/DC-HSDPA/LTE/Wi-Fi(802.11n/2.4GHzと5GHz)
64GB32GB16GB
高さ123.8mm×幅58.6mm×厚さ9.3mm
重量:約112g
解像度:326ppi/1136×640ピクセル
ディスプレイ: 4インチ(Retinaディスプレイ)
充電:最大で待受225時間/通話8時間/インターネット8時間/オーディオ再生40時間/動画再生10時間

■Blog Ranking■

ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2012年10月10日 | iOS | comments(0) | - |

[ iPhone5 iPad3 最新情報−発売・仕様・価格iOS > Google VS Appleで事実上、アップルの初戦敗北宣言! ]

Google VS Appleで事実上、アップルの初戦敗北宣言!

JUGEMテーマ:iphone
 
Google VS Appleで事実上、アップルの初戦敗北宣言!

米アップルのティム・クックCEOはiOS6での地図ソフト不具合で謝罪表明をした。

元々、完成度が低い地図ソフトの公開に踏み切った判断が間違いであったことと、地図ソフトの需要の見誤り、iPhone5への市場からの期待とジョブズの大きな壁。中途半端は地図ソフトの公開に踏み切ったのであれば、「意地でも他社の、Googleのも使えると逃げず、市場が驚くほどの短期間で地図ソフトの完成度を高めるべき。」それがクックに与えられたジョブズからの使命だと思う。これでは「敗北宣言」そのものだ。iPhone5は発売前から情報リークが多く、そのほとんどが正しく、市場の驚きが少なかったと言われており、ジョブズ亡き後のApple社の舵取りの難しさ、情報統制の重要さ、関連会社からの忠誠心の向上。様々な問題が吹き出したiPhone5。しかし製品自体の売れ行きは良く、発売3日での販売が500万台を超え好調な滑り出し。ここでApple社は襟を正し、不具合製品を世にばら撒いた責任を果たすべく昼夜問わず最優先事項として、Apple社の名誉にかけ、ジョブズの名にかけて高品質な地図ソフトに生まれ変わらせ、Googleに再度宣戦布告する覚悟をもつべきだろう。


米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は28日、21日に発売した「iPhone(アイフォーン)5」で地図ソフトに誤表示が頻発している問題で「大変申し訳ない」と謝罪する声明を出した。

 アップルが自社の製品で謝罪するのは異例。クック氏は地図を改善する間、米グーグルなどが提供している他の地図を「利用することもできる」とし、しばらくは他社製の地図ソフトを利用することも推奨した。

 アイフォーン5は発売開始後三日で販売台数が五百万台を超えるなど好調な滑り出し。ただ新基本ソフト(OS)では、これまでの機種に搭載していたグーグルの地図ソフトを削除。自社製を初めて導入したものの、不正確さや地図情報の少なさから、多くの苦情や批判が寄せられていた。

 アップルが自社ウェブサイト上に掲載した声明では、アイフォーン5で提供した地図は「(アップル製品の高い水準に)達していない」と品質面で不備を認めた上で「顧客の不満に大変申し訳なく思う」と謝罪した。アップルが提供する地図が高水準に達するまで「ノンストップで作業していく」と締めくくった。



詳しい情報・最新新着情報は「iPhone5」に新着情報として記載・追記されています。

docomoから「iPhone5」が発売される可能性はゼロ・・・
そこでドコモからiPhoneが出るのを待てない方は・・・「ドコモ回線でiPhone5を使う」方法を紹介


《iPhone5海外正規品SIMロック解除(白ロム/SIMフリー)》

海外正規品なのでSIMロック解除!
ドコモの高品質・高速回線で念願のiPhone5が使えます。


ブラック/ホワイト

ブラック/ホワイト

ブラック/ホワイト
Apple iPhone5 Wi-Fi+4G(LTE) 64GBApple iPhone5 Wi-Fi+4G(LTE) 32GBApple iPhone5 Wi-Fi+4G(LTE) 16GB
ホワイト/ブラック
HSPA+/DC-HSDPA/LTE/Wi-Fi(802.11n/2.4GHzと5GHz)
64GB32GB16GB
高さ123.8mm×幅58.6mm×厚さ9.3mm
重量:約112g
解像度:326ppi/1136×640ピクセル
ディスプレイ: 4インチ(Retinaディスプレイ)
充電:最大で待受225時間/通話8時間/インターネット8時間/オーディオ再生40時間/動画再生10時間

■Blog Ranking■

ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2012年10月01日 | iOS | comments(0) | - |

[ iPhone5 iPad3 最新情報−発売・仕様・価格iOS > 【iPhone5】iOS 6搭載のApple製地図アプリに非難ごうごう ]

【iPhone5】iOS 6搭載のApple製地図アプリに非難ごうごう

JUGEMテーマ:iphone
 

米Appleが現地時間2012年9月19日に公開した最新モバイルOS「iOS 6」に実装されている独自地図アプリケーション「Maps」について、ユーザーから激しい非難と落胆の声が上がっている。

 Appleは、これまで米Googleの地図アプリケーション「Google Maps」をiOSに採用していたが、iOS 6からは独自設計の地図サービスに切り替えた。Apple独自のMapsは、3D表示モード「Flyover」やリアルタイム交通情報、音声アシスタント「Siri」と連動したナビゲーションといった機能を備える。

 米Wall Street Journalの報道によると、iOS 6にアップグレードした世界各国のiPhone/iPadユーザーから、「企業やランドマークの名称表示がずれている」「道路がない」「羽田空港を検索しても何も出てこない」などの苦情が相次いだ。SNSなどでは早速、Google Mapsに戻すことを要求するグループが結成されているという。

 Wall Street Journalの技術系情報サイト「AllThingsD」も、「検索したらまったく関係ない地域が表示された」「Flyoverモードの道路がゆがんでいる」といった不具合を報じている。また米CNETなどでは問題のあるMapsの表示例をまとめて紹介している。

 こうした批判のなか、Apple広報担当のTrudy Muller氏はAllThingsDにコメントを寄せた。同氏は「世界中の顧客は当社初の地図アプリケーションを含む200以上の新機能を備えたiOS 6にアップグレードしている。Flyoverやナビゲーション、Siriとの統合といった革新的な新機能を提供することを当社は嬉しく思う」と前置きした後、「この地図サービスは大きな取り組みの一つであり、まだ始まったばかりだ。Mapsはクラウドベースのサービスであり、より多くの人々が使うほど、より向上していく。ユーザーのすべてのフィードバックに感謝し、より優れたユーザー体験を提供するために注力する」と述べた。



詳しい情報・最新新着情報は「iPhone5」に新着情報として記載・追記されています。

docomoから「iPhone5」が発売される可能性はゼロ・・・
そこでドコモからiPhoneが出るのを待てない方は・・・「ドコモ回線でiPhone5を使う」方法を紹介

■Blog Ranking■

ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2012年09月21日 | iOS | comments(0) | - |

[ iPhone5 iPad3 最新情報−発売・仕様・価格iOS > 【iPhone5】「iOS 6」の日本ですぐには使えない機能一覧 ]

【iPhone5】「iOS 6」の日本ですぐには使えない機能一覧

JUGEMテーマ:iphone



米Appleの次期モバイルOS「iOS 6」の一部の機能は、9月19日のリリース時点では使えない国もある。Appleは13日(現地時間)、iOS 6の機能別に、利用できる国一覧を発表した。
詳細は「iOS6で利用できる機能」を参照。(Apple)

■マップ

 使える機能は、

標準
航空写真
道順
ルート案内
ローカル検索

 使えない機能は、

建物の3D表示(記者発表のデモではロンドンのビッグ・ベンが紹介されたが、使えるのは米国のみとなっている)
渋滞状況
ビジネスレビュー&写真

■Siri

 使えるのは、

スポーツ(試合の予定や結果の表示)
Twitterの統合
Facebookの統合
映画情報

 使えないのは、

ローカル検索
レストラン情報
レストランのレビュー
レストランの予約
映画のレビュー
映画の上映時間

■iTunes Store

 使えるのは、

ミュージック
映画
音声入力
アプリケーション
ゲーム

 使えないのは、

テレビ番組

なお、地域による制限とは別に、機種によって利用できない機能もある。例えばマップのルート案内は、iPhone 3GS、iPhone 4、第4世代iPod touchでは利用できない。機種別の制限についてはこちらの記事を参照されたい。





詳しい情報・最新新着情報は「iPhone5」に新着情報として記載・追記されています。

docomoから「iPhone5」が発売される可能性はゼロ・・・
そこでドコモからiPhoneが出るのを待てない方は・・・「ドコモ回線でiPhone5を使う」方法を紹介!


■Blog Ranking■

ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2012年09月14日 | iOS | comments(0) | - |

[ iPhone5 iPad3 最新情報−発売・仕様・価格iOS > 【iPhone5】SopCastはウェブサイトを通してテレビやラジオ局にアクセスできるアプリ! ]

【iPhone5】SopCastはウェブサイトを通してテレビやラジオ局にアクセスできるアプリ!

JUGEMテーマ:iphone


■関連記事



SopCastは「欧州サッカーが無料で観られるソフトで有名」なソフトで、MacやWindows、iPhoneやiPad、Androidに対応しています。この「SopCast」はウェブサイトを通してテレビチャンネルやラジオ局にアクセスできるアプリケーションです。これを使うと海外にいても日本の番組が見れたり、日本に居ながら海外のテレビが見れます。さらにP2P配布技術によりユーザーはブラウザからテレビ番組やお気に入りのシリーズを見られるだけでなくオリジナルコンテンツを発信することもできます。

 sopcastは人気ソフトですが、中国製なので100%安全とは言い切れないです、使用は完全に自己責任になります。チャンピオンズリーグやメジャーリーグなどの海外スポーツをネットで(無料で)見たい!!という方にはオススメのソフト。使い方とかがわかりやすいと思うページをリンクしてみました。

Sopcastインストール方法
Sopcastの使い方
sopcastダウンロードページ



詳しい情報・最新新着情報は「iPhone5」に新着情報として記載・追記されています。

docomoから「iPhone5」が発売される可能性はゼロ・・・
そこでドコモからiPhoneが出るのを待てない方は・・・「ドコモ回線でiPhone5を使う」方法を紹介!


■Blog Ranking■

ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2012年09月11日 | iOS | comments(0) | - |

[ iPhone5 iPad3 最新情報−発売・仕様・価格iOS > Apple iOS端末の識別コードをハッカー集団"Anonymous"が暴露、FBIのノートPCから流出か ]

Apple iOS端末の識別コードをハッカー集団"Anonymous"が暴露、FBIのノートPCから流出か

JUGEMテーマ:iphone



ハッカー集団「Anonymous」の一派が、米連邦捜査局(FBI)の捜査員のノートPCに不正侵入し、AppleのiPhoneやiPadといった端末の識別コード情報約1200万件が同PCに記録されているのを見つけたと主張している。そのうちの100万件とする情報をインターネットで公開し、Twitterで9月3日に発表した。

公開されたのは、AppleのiOS端末に個別に割り当てられている「UDID」という識別コード100万件分と、各端末の名称や種類などの情報。FBIのファイルにはユーザーの氏名なども記録されていたとしている。

インターネットに掲載された声明によると、ハッカー集団は2012年3月、ニューヨークのサイバー対策班に所属するFBIの捜査員が使っていたDell製のノートPCに、Javaの脆弱性を突いて不正侵入。ここからダウンロードしたファイルの中に、AppleのiOS端末約1200万台分のUDIDなどが記録されたものがあった。このファイルには各UDIDに関連するユーザー名、端末名、端末の種類、Apple Push Notification Service用のトークン、郵便番号、携帯電話番号、住所などの情報も含まれていたとしている。

今回公表したのはこの1200万件のUDIDのうちの100万件で、氏名や携帯電話番号、住所といった個人情報は公表を控える一方、端末名や端末の種類など、自分の端末の情報がこの中にあるかどうかをユーザーが確認できるだけの情報は残したとしている。

情報を暴露した理由については、「FBIが人々を追跡するなどの目的でユーザーの端末情報を利用している」という実態を知らしめるためにやったと主張。「われわれは最初からUDIDのコンセプトが気に入らなかった」として、Appleにも非難の矛先を向けている。

ハッカー集団が公表した情報が、本当にFBIのPCから盗まれたものかどうかは確認されていない。事実だとしても、FBIがこうした情報を持っていた理由は不明。しかし今回の事態を受けて、流出したUDID情報の中に自分の端末の情報があるかどうかをチェックできるとするWebサイトも登場した。


■Blog Ranking■

ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2012年09月05日 | iOS | comments(0) | - |

[ iPhone5 iPad3 最新情報−発売・仕様・価格iOS > 【iPhone5】iOS6.0で個人情報を保護する初の機能をアプリごとに搭載 ]

【iPhone5】iOS6.0で個人情報を保護する初の機能をアプリごとに搭載

JUGEMテーマ:iphone

■アプリごとに個人情報を設定
米アップルは今秋に発表を予定している「iPhone5」に、電話帳などの個人情報を保護する機能を初めて搭載する。

米グーグルの「Android」との差別化を明確にするために、安全性をより高める戦略だ。

この機能はiPhoneやiPad向けの新OS「iOS6」に搭載され、新型iPhoneに加え、既存の機種でも使えるようになる。

新機種では設定画面に「プライバシー」という項目が新たに加わる。「GPS(全地球測位システム)で得た現在地」、「電話帳」、「カレンダー」、「リマインダー(備忘録)」、「写真」などの情報を利用するかどうかをアプリごとに選択できる。

■安全性でAndroidに差をつける戦略
これまでアップルは、個人情報を狙う不正アプリを排除するために、アプリを配布する前に審査を行い、無審査アプリでも使えるAndroidよりも安全性が高いことをアピールしてきた。

しかし、最近になって個人情報の流出が懸念されるアプリが見つかり、審査だけに依存するシステムでは不安が出てきた。また、Facebookなどの個人情報を収集、利用するソーシャルアプリが急増していることから、どの個人情報を利用するのかを明示してほしいというユーザーニーズも高まっている。また、iOS5.0ではTwitterがOSに統合され、iOS6.0ではFacebookもOSに統合されるなど、よりSNSとの融合が深まることから「ユーザの安全を第一に考えた策」と考えられる。


新機種「iPhone5」は、現行機種より画面が一回り大きくなり、9月中旬に発表されると米メディアが報じている。


詳しい情報・最新新着情報は「iPhone5」に新着情報として記載・追記されています。

docomoからiPhone5が発売される可能性はゼロ・・・
そこでドコモからiPhoneが出るのを待てない方は・・・「ドコモ回線でiPhone5を使う」方法を紹介!


■Blog Ranking■

ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2012年08月28日 | iOS | comments(0) | - |

[ iPhone5 iPad3 最新情報−発売・仕様・価格iOS > 【iPhone5】Facebook、iOSアプリをゼロから作り直し高速化 ]

【iPhone5】Facebook、iOSアプリをゼロから作り直し高速化

JUGEMテーマ:iphone



iPhoneやiPadで利用できるFaceBook専用アプリが8/23にバージョンアップ(ver.5.0)して公開された。

主な変更点としては「高速化」「レイアウト崩れの改善」があげられる。これまで投稿された写真を開くときにものすごく時間がかかっていたのが、瞬時に開くようになった。実際には2倍高速というが、体感的にはもう少し早く感じる。またニュースフィード等の写真画像の大きさが異なっていた部分やレイアウトが崩れていた部分も改善され綺麗に表示されるようになった。これでようやく「必要十分な性能」が備わったといったところだろうか。

今回のFaceBookアプリのバージョンアップの経緯については情報はないが、「FaceBookアプリをゼロから構築」を決断するには様々な事情があったと考察する。当方の見解としては下記の点からバージョンアップがなされた(余儀なくされた)のではないかと推測している。

1)当初より不具合が多かったのでバージョンアップが急務だった。
2)上場により収益改善が重視され、FaceBookユーザの利用シーンに合わせてターゲットをPCユーザからモバイル(=高速化が必須)へ移行した。
3)2012年9月にiOS6.0登場でiOSに統合されることで「Appleより要請」もしくは「自主的」に改善をした(余儀なくされた)。

といったところだろうか。しかし、いずれにしても改善され、高速化されらことはユーザにとってメリットは大きい。

その代わり、不具合も既に報告されている。
「電話帳を使っての友達検索すると永久ループになる。」「アルバムが作れなくなっている。」といった点である。これらについては早急に改修をしてもらいたい。
しかし、不具合を差し置いても今回の「高速化」で得られるメリットは大きいので是非ともバージョンアップを検討してもらいたい。


(以下はITproの記事より引用)

米Facebookは現地時間2012年8月23日、iOS向けのFacebookアプリをゼロから作り直して高速化したと発表した。新版の「Facebook 5.0 for iOS」は従来より2倍高速という。

同社によれば、新版はアプリケーションの起動と、ニュースフィードや通知の読み込みが格段に速くなった。ニュースフィードをスクロールしていくと、これまでより高速にコンテンツが表示される。友達の更新を知らせるバナーをタップすれば、再読み込みすることなく即座に最新の投稿を閲覧できる。

写真の表示も高速化した。タップして瞬時に写真を表示し、上から下にスワイプするだけですぐに閉じることができる。

新版は、米Appleのモバイルアプリ配信ストア「App Store」から無償でダウンロードできる。iOS 4.3以降を搭載したiPhone、iPad、iPod touchで動作する。

併せて同日、Android向けのFacebookアプリも更新した。イベント作成の簡素化や写真共有の高速化を図ったほか、メッセージへの写真と絵文字追加が可能になった。米Googleのコンテンツ配信サービス「Google Play」で公開している。
(引用ここまで)

■FaceBook5.0 for iOSの不具合内容
・電話帳を使っての友達検索すると永久ループになる。
・アルバムが作れなくなっている。


詳しい情報・最新新着情報は「iPhone5」に新着情報として記載・追記されています。

docomoからiPhone5が発売される可能性はゼロ・・・
そこでドコモからiPhoneが出るのを待てない方は・・・「ドコモ回線でiPhone5を使う」方法を紹介!


■Blog Ranking■

ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2012年08月27日 | iOS | comments(0) | - |
AX